Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
近況
 ども、すんごいお久しぶりです!
ブログ書くのっていつ以来だろ?
おそらく半年以上経ってると思われるのですが、
書かなかった理由は特になく、
就職してから、な〜〜んか書こうという気持ちにならなかったんですよね。
でも今日は、外寒いし、なんもやる気起きないし・・・、なので大いに書こうかと!

さて、約2年4ヶ月の長かった就職活動を終えて
新たな会社に入社したのですが、やはり幾つもの試練が待っていました。

まず、第一に仕事が覚えられない!!
入社前は、まったく職種は同じとは言えないけれど、
パソコンのソフトもバージョンが上がっただけのものだし、
機械も5年は経っているとはいえ前々で似たような機械を使っていたので、
問題はないと思っていたのですが、
パソコンのソフトも機械も、会社や職種が違えば使い方も違うということで、
まぁ、苦労しましたわ、
メモを取り帰ってからwordに打ち込み、
更にその文章を音読しICレコーダに録音したものを次の日の通勤で、聞きながら読み返す。
そんなことをしても、なかなか覚えられない、覚えることが多すぎる。

ん・・・?

そう、確かに覚えることが多すぎる。

僕の所属している部は僕を含めて3人。
一人は僕の入る前からいる20代の上司。
もう一人は事務的な人をする人なので、
仕事は主に二人でこなしている訳です。

なので30代の僕は20代の上司に仕事を教わることになったのですが、
まぁ、この人がおとなしい人で、
なんというか正直、気が合わないわけですよ、
そんでもって仕事を教えるのも、あくまでも僕の目線からなのですが
凄くあせって教えているような気がしました。

ああ、これはもしや??

と思っていいたら、ある日社長に呼び出されて、
「実は彼9月で退社することになるんだよ」

ズバビョ〜〜〜〜〜〜ン!!!!

うっそ!
そしたら俺ひとりじゃん!
しかも、まだ研修中だし!!
どうすんの?どうすんの俺????????

とにかく、新しい人もすぐ入れるということなので、もうやるしかない!

と思って、しばらくがんばっていると
なんと今度は20代上司の口から
「実は申し訳ありませんが、予定が変わりまして今月で退職することになりまして〜〜」

のぉ〜〜〜〜!!

まだ、新しい人も入ってないのにぃ〜〜〜!!!!

この時点で俺入社3ヶ月目。
そしてようやく新人さんが入ってきたのは彼が辞める二日前。

もうそっからは、地獄の残業ラッシュ!!!
休日出勤もみずからしちゃうほど忙しかった。

しかも僕、実はこの時入社する前のアルバイトも休日に週一で続けていたのです。
理由は色々あるのですが、まぁ理由についてはまた後日ということで。

さらに、この頃から会社自体の仕事量も増えるは、
上は上で人が新しく入れ替わったということで部の雰囲気や、
やり方を変えたいと言うことで、
部内の配置換えをしたり、商品の校了の基準を厳しくしたり、
毎朝、部内だけの朝礼を新たにもうけたりと色々と改革に着手しはじめたのです。

これにはもう俺、混乱 混乱!

しかし、神様は僕を見捨ててはいませんでしたよ♪

新しく入ってきた新人さん(40代)の方が偉い仕事が出来る人だったのです!
初めは、新人に抜かされることを不安視していたこともあったのですが、
これが、すばらしい人格者の方で、
初めは多少お互い様子見でギスギスした感じもあったのですが、
仕事を覚えるのがとにかく早く
仕事の段取りや部のシステムの改善など、
色々と俺ができないことをやってくれて、もう本当に助かりました。

そんなこんなで、年が明けて現在

今も忙しいことは忙しいのですが、
一時期ほどのパニックった忙しさは仕事は改善されつつあります。

まぁ、たまに仕事が遅いと営業マンに怒られたりはしますけどね、
でも、毎月毎月、「先月よりは俺、仕事早くなってるぞ!」という実感はあるので
これも、その内きっと改善されていくと思います。

やっぱり就活も大変だけど就職してからも大変ですね。









posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
面接28社目
前回のショックから2週間後、
連休をとりショックもいえたので、
志をあらたに29社目の面接にいってまいりました。

今回の会社さんは、
給料は少し低め、休日は週休二日制、
休日120日、残業代あり、残業は月8時間程度
社員数15人程度
会社独自の特許技術をもっているらしく、
これは、将来性があるのではないかと思い面接のアポを取りました。
もちろん、前回の反省を踏まえ事前にwebで悪い噂がないかは徹底的にチェックしました。
その結果、特にありませんでした(ホッ)。

電車を3つ乗り継ぎ1時間ほどでつき、いざ面接です。

今回は、50代くらいの男性社員の方と社長さんが面接官でした。

軽くお互い挨拶をし、
履歴書、職務経歴書を出し簡単な会社の説明があった後、
いきなり社長さんからこんな質問が
「なぜ、2年間も会社に受からなかったと思いますか?」

「はい、それは自分の説明不足だったと思います。
転職が3回あるのも2つは会社都合です。
そして
今は実家暮らしですが、それは父が亡くなり事情があって実家暮らしをしているだけで、
アルバイトも掛け持ちしながらしていますし、貸家なので家賃も払い、
もちろん税金もきちんと納めております。
(ここで、笑いが起きる)けっして、ニートだとかそういう生活を送っているわけではありません」

「それだったら、アルバイトで生活していればいいんじゃないですか?
うちの給料はそんなに高くありませんよ」

一見いじわるな質問に感じたが、
心のなかで「やった!!」と思っていました、
実はこのような質問を僕はずっと狙っていたんです。

「いえ、そんなことはありません、会社は変わっても一貫して僕はずっとこういった
仕事や機械を操作する仕事をしていましたし、それをすることが好きなんです。
それに、御社の事業内容を拝見して自分は大変大きな将来性を感じました。
なぜなら、最近自分はあまりよく眠れないので、
こないだデパートでアロマポットを見にいったんですね、
そうしたら、絵柄のあるものがあまりないんです。
あっても、黒一色だったり・・・。
その時、御社の事業内容を思い出し、熱に強い御社の技術を使えば
ロウソクの明かりにカラフルな絵柄が浮かび上がって凄く綺麗なアロマポットになると思うんです。
こういうことが、事業内容を見ただけですぐ思いつく、
それくらい御社の事業内容は魅力的だと思うんです。」

前回の失敗のあと知り合いに言われた、
「この不況のご時勢、経験をもった人間なんていくらでもいる、
自分から、デッカイ金になるような企画をもっていくようじゃなきゃダメだ」
と言葉を参考にして自分なりに作戦を練っていたのです。

今までは、自分はこういう経験がありあれもこれも出来ます!
ということばかりいっていたのですが、やはり経験がある人は、
このご時勢ありあまっているわけで、
じゃぁ、自分の色がでるような、人と違う意見が言えるようなことってなんだろ?
って考えるとこういうことなんですよね。

僕がしゃべっている間、二人は凄く真剣に聞いてくれました。
すると、社長のほうが
「よくわかりました、そうしたらしばらくアルバイトでお互い様子を見るというのはどぉ?
というのはね、今同じ部署にいる子が凄くおとなしくて若いのよ、
なのでお互いの性格があうのか少し心配なんですよ、どうですか?」

僕はもちろん
「ハイ!大丈夫です!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、1ヶ月間のアルバイトの結果・・・

やっと正式に内定が決まりましたよ!!


いや〜〜、会社の事情で本来は4日間くらいのはずの
アルバイト期間がドンドン伸びていった時はあせりましたが、
むしろ、その間会社の雰囲気など見れて自分でしっかりと納得できたので
合格した今は、かえってよかったとも思っています。

それにしても就活をはじめてから、いつの間にか2年4ヶ月もたっていたわけで、
この間は本当にいろんなことがありましたよ。

バイト何個やったかなぁ?
そして、本当に色々なタイプの人に会いました。

いろんな経験したなぁ〜、
本当に長かった。

でも、なんだかんだ長かったけど、受かった会社は自分が受けた中でも
一番いい企業だと思っています。
なので、2年4ヶ月は全然無駄ではなかったと思う。

少しは成長できたかなぁ〜?

最後の面接は今までで完璧な面接だったし、
もし今、別の企業を受けたとしても受かる自信はある。
でも、1年後2年後受けるとしたら、
また受かるかどうかは正直、年齢とともに自信はなくなっていく気がします。

ああ、結局これはまだ成長したとはいえないんすかねぇ?

なので、これからも就活していた時と同様、自分を鍛錬しなくては!

とも思っています。

でもね、そんなことを思いつつも今はもう!

心から嬉しいんです!!
posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 14:59 | comments(2) | trackbacks(0) |-
働くことの意味とは?

前回のブログで書いた、受かった会社を蹴ったことについて、
友人から「2年間も待ってやっと入れたはずの会社なのに、なんでやめたんだ!?」と言われた。

俺は、「ウェブ上の掲示板を見て、自分の経験と照らし合わせて、やはりあの会社の形態では、
まっとうに経営していたらあそこまで大きな利益をだすことは、難しいと思い、
掲示板を信じることにした、」ということと
何人かの業界経験者の知人に聞いてみたところ、あの会社の噂を知っているという人や、
実際にウェブを見ていただいて、
やはり掲示板のいうことは正しく辞めておいたほうが良い。
という意見をいただいて、それらの意見を総合して、内定を辞退したということをいった。

しかし、友人は
「それでも、せっかく取ってもらったんだろ、会社がどんなところだろうと、
アルバイトをしているよりは良い給料をもらえるのだし、
涙を流してまで望んでいたことなのに、なぜだ?」
と食い下がってきた。

俺は「こういう会社は、ただ、社員として働いているだけなので、直接
客をだましているとかそういうことではないのだから、自分は関係ない

なんて意見は通用しないと思う。
こういう会社は社員や客にも悪影響及ぼして、業界の膿みになってると思っている」といった。

しかし、それでも友人は納得しない。

なぜ、友人がこれほどまでにも納得しないか?というと
この友人は大手の電気店に勤めている。

その大手の電気店の社員というのは、社会保障などは付いているものの
大抵は、不条理な労働条件を強いられているし、
会社が大きな犯罪を起こしてニュースになったとしても
社員には、なに一つ説明もないような所だ。

それこそ某巨大掲示板やネット上にも悪いウワサはバンバン書かれている。

それでも、社員は給料を稼ぐために
自分を色々な理由をつけて納得させて働いている。

自分が食っていくためだ。

そういうところで働いている友人にとっては、
今回の俺の決断は理解に苦しむことらしい。

でも、逆に俺にはそういう友人の考え方がわからない。

確かに、自分も以前社員として働いていた頃は、
会社に色々な不満をもっていたし、
しかし自分なりに理由をつけて納得してきた。

けれど、限度はあると思う。
社会に悪影響を及ぼしている会社だとわかっていて、その会社に入るということは
やはりできない。

それに、友人が働いている大手電気店と自分が内定をことわった会社とは、大きく異なる点がある。
それは、大手電気店のほうは、少なくてもお客をきちんと満足させる商品を提供しているが、
俺がことわった会社は、そうではないということ。

説明会を開いてに「私達のフランチャイズに入ると儲かりますよ」と話をして、
実際入ったら儲からず、機械のリース料やら加盟料や指導料などいって
本店がお金を巻き上げるという商法は、片一方の人間しか儲からない。

しかし、こういったことが、友人の言葉からでないで、俺に断ったことを攻めるということは
彼は、そういったことでは自分の仕事にヤリガイを感じているわけではないようだ。


確かに世の中の大半の人がみんな色々妥協したり、
なにかを犠牲にして働いている
とは十分承知している。

しかし、やはり今回のような会社に勤めるということは、俺にはできない。

ただ、友人の考え方、つまり「会社がどんな会社であろうと、自分は給料を稼ぐために働くのだ。」
という考えも間違えでは、ないと思う。
(俺の知っている本来の彼らしくない、という感じはするが)

働くことに対する考え方と言うのは人それぞれだし、
間違っているものなど一つもないように思える。

だから、俺の今回の内定を断ったということも、
自分自身の働くということに対することの一つの答えなのだと思う。



posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
面接27社目(今回は長い)

昔、録っておいたビデオ見直してみたら、すごく面白かった!
奥田民生のライブを録ったビデオだったんですけど、
CMに「ベック、ODELAY!NOW ON SALE!!」とか、
「アラニスモリセット初来日!」とか、懐かしいの流れてましたよ。

さらに見ていたらミュージックバザールって音楽番組録ってたらしく
グラミー賞の予想なんてしてるんですけど、
ノミネートがスマッシングパンプキンズのメランコリックやらノーダウトのファーストやら、
クラプトンの「チェンジ ザ ワールド」やら懐かしいの満載!
ちなみにその番組、今をときめく「つるの剛氏」が村田君て名前でMCやってました。


さて、そんなこんなで面接27社目。

今回の会社さんは、
給料は平均、休日は週休二日制、
残業はしないようにすることが義務ずけられていて、
社員は、3名という会社さんでした。

会社は、都会のど真ん中!
高級ビジネス街とも言うべき立地にあり、
しかも、駅から近いドデカイ高級マンションの一室。

そのマンションを見た瞬間
「ああ、今日もダメだわ」なんて思いが早くもよぎりましたよ。
だって、僕が今まで通っていた職場や面接を受けてきたところは、ほとんどが工場か、
ちいさなビルの中でしたから、
こんな綺麗な清潔感が漂うおしゃれなところ、受かるわけないじゃない!
なんて思いましたよ。

しか〜し、
それでも、せっかくきたわけで!
いざ、出陣なわけであります。

当然オートロックなので、面接できたことをマイクでつげて、
綺麗な応接間に通されると、
あらわれたのは、オフィスカジュアルをまといつつも、妙に迫力のある社長さんでした。

声もお腹から出しているような、太く迫力のある声、
「苦手なタイプだ、こういう社長さんてわがままで厳しいんだろうな、社員をこき使いそうな感じだし
受かっても絶対入らないぞ」なんて思いましたよ。

お決まりの面接が続き(おきまりすぎたのか、あまりおぼえてない)
しばらくしたら、社長から意外な一言が、
「実は前の人は、会社都合でやめてもらってねぇ、なぜかというと
電話対応のときの態度があまりにも悪くて社内の雰囲気が悪くなってしまったんだよ、
「このくそ婆!」とかさぁ、君そういうことない?」

???

なんだそれ?あるわけないじゃん。

当然、「ありません」と答えると、

「ちょっときて」と職場に案内され、
仕事の内容を簡単に説明されました。

職場では、社員もみなさんが作業をしていたのですが、
社員の方と話している社長さんは、さきほどの面接とは違い、
凄くやわらかいな表情をうかべ、声もやさしげ、先ほどとは全然違います。

なんだ、いい人なのかな?

説明が終わり、応接間にもどると、
社長さんから意外な一言が、

「ん〜〜、僕はね・・・、ゴルゴンゾーラさんでいいと思ってる」

・・・・。

「マジか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!」


「ただし、お客さんと喧嘩とかしない?」

「しないです!そんなこと!!」

「そう、それでは、一応もう一人面接が残っているから、返事は来週の金曜日で」

「ハイ!!よろしくお願いします!!」

部屋をでて、エレベーターを待っているとき、
自然と涙がでてきて、気が付いたときはほんの一分くらいですけど、
オイオイと男の癖にないていましたよ。
やっと終われる、やっとスタートラインに立てる。
そんな思いがありました。

そして、数日立ち金曜日(この数日間は気が気じゃなかった)。

電話があり、正式に採用と言われました!

隣の部屋にいた母親に年甲斐もなく抱きつくくらい嬉しかった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しか〜〜〜し!!!!
なんと、この話これで終わりじゃなかったんですよ!

数日後、改めてその会社をwebで調べてみると、
なんと悪いウワサが続々と!!!
専用の掲示板見たいのが、2つ3つ立ってるし!!!

「マジか〜〜〜〜!!!!!!!」

詳しくは書けませんが新手のマルチ商法的なことで、お金を稼いでいるとのこと。
被害者続出してるらしいです。

気づいたら俺、また号泣してましたよ。
「俺は、こんな所しか受からないのか?」って・・・。

それから、色々な人に相談して、
「中には震災後のこれからの世の中を考えると
せっかく獲ってもらったんだから行ったほうが、いいんじゃないか?」
と言う意見もありましたが、
実際WEBで掲示板などを確認した人達全員からは、
やはり「やめといたほうがいい」との意見が・・・。

そりゃぁ、そうだよなぁ・・・。

ってことで、今回はお断りの電話を入れさせてもらいましたよ。

しょうがない!!

まさか、俺の業界でこんな会社があるとは、
思いもよりませんでしたが、
今回は、完全に俺の調査不足。

当然、いつも面接の前には会社を調べるのですが、
今回は新しく出来た会社で社員も3人という情報があったので
ネガティブなワードで調べず、会社のホームページだけを調べてしまったことが失敗でした。

よ〜く考えてみれば、新しく出来た会社で社員3人(社長以外は20代)しか
いないのに、あのデッカイマンションに事務所構えるなんて、
おかしかったんですよね。

でもね、最後に相談した人にいわれましたよ。
「この不況のご時勢、経験をもった人間なんていくらでもいる、
自分から、デッカイ金になるような企画をもっていくようじゃなきゃダメだ」と

厳しい意見ですが、その企画が言い悪いはともかく、やる気を見せるとか、
たくさんの応募者のなかで、インパクトを残すという意味では、いいんじゃないかと。

書類選考もなく面接だけのところだと、考える期間が1日とか2日しかないので
かなり難しいですけどね。

でも、受身はよくないよな、
攻めないと!!!!!!!

ちなみに、この日の昼間のバイトは、もうボロボロ!
やばいと思って夜のバイトは風引いて休みましたよ。

その後、1年ぶりくらいの3連休とって、自然とたわむれ
今はきちんとリセットしましたよっと♪


posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
面接26社目

今回の会社は、
給料は平均的、休日は隔週休み
残業は月10時間程度(聞いてみてないので実際はわからないが)
という条件的には悪くない会社さんでした。

しかも!
出たばかりの求人でまだ誰も応募していない求人!
自分が恐らく一番手!
早速面接のアポを取ったら、
先方も会社から自分の自宅が比較的近いということを
気に入ったらしくこの時点でまず好感触!

そしていざ面接です。

社長みずからが面接をしていただいたのですが、
気さくな方で会社の雰囲気も自分ごのみ、
仕事内容も以前自分がやっていた内容と近く、それを僕もアピールしました。
しかも、内容が近いのでアピールもしやすい。
自分はこんなこともできる、あんなこともできる!
見る人がみれば、貴重な経験をしている人材なはずです。

しかし、趣味を聞かれと音楽鑑賞とギターを弾くことと答えたのですが、
「なんだ〜、この会社の半分はギタリストだよwもっと面白い趣味ないの」
と答えられましたが、その辺はまぁいいでしょう、
和やかに面接が進んでいる証拠ですから。

ただ、その雰囲気の中
「彼女はいるの?」と聞かれとりあえず「いません」と答えたのがまずかった。

なぜなら、その社長さんいわく
会社的には住宅ローンでがんじがらめになっているとか、
子供がいるとか、そういうほうがすぐ会社を辞めないというイメージがあるみたいです。
他の面接でもたまに聞かれていたのですが、
それほど深い質問だとは、まったくきずきませんでした。

思えば、
自分の弱点は、これまでに3社も会社を替わっていること
そして、
その内二つは会社都合で(その内一つは会社都合ですが半年間のみの勤務です)、
自己都合は一社のみなのですが
やはり会社は、そこを気にしてくるようです。

でも、それでも今回の面接は手ごたいアリです!

通勤が近い。
面接の順番が早い。
そして、以前の仕事内容を生かせる!

これだけの条件がそろったのは初めてです。
絶対イケル!

・・・と思ったのですが、
今日、不採用通知が来てしまいました。
他の候補者に決まったそうです。

やっぱり、3社退社しているというのが響いているんですかね?
自己都合は1社だけなのに・・・。

さすがに、飲みながらこのブログ書いてますよ。

やっとこれで終われると思ったのに、このショックは久しぶりにデカイです。

やめない人材ですよってこと、もっとアピールすれば良かったかな?

posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-
うつ病だった友人

久しぶりに明るいニュースがありました!

なんと、10年以上うつ病で引きこもりをしていた友人が、
就職をきめたのです!

このニュースは、別の友人から聞いたのですが
正直聞いた直後は、複雑な気持ちになりましたよ。
だって俺は未だに就職活動中なわけで・・・。

ただ、それを聞いた次の日にナント!偶然電車のなかで彼を見かけ、
とりあえず彼の腹に3発ほど膝蹴りをくらわしたあと
「久しぶりジャン!」と頭を散々叩いてやったのでスッキリしましたよ(笑)

話を聞くと時給をもらいながらパソコンを教えてもらえるという、
パソコン教室があるらしく・・・
(詳しい話はよくわからないのですが、彼の話は理解するのが難しいのです)
そこで、今の会社の求人を紹介されたらしいです。
給料は12万ほどということ。

「俺が未だに就職活動してるっつうのに!おまえってやつはぁ〜〜」いったら
「えっ!ゴルゴンゾーラまだ就職活動してるの?お前だったら給料12万くらいのところなら受かるぜ」
と言われましたよ。

・・・。

まぁまぁまぁ、お祝い会してやりますよ!

しかし彼の約10年間の月日を考えると、
凄く自分にも希望がもてるニュースでした。

posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
面接25社目

地震でたまっていたネタです。

今回受けた会社は、
給料は平均、休日は週休二日制、
残業はほとんどなし、残業代はアリ、会社の規模は従業員140人というので
結構大きい会社です。

自分としてはあまり大きな会社に入ったことはないので、
どちらかというと小規模で家庭的な会社のほうが働きやすいのでは、
と思ったりもするのですが、
いやいやいや!贅沢は言っておれん!というか
そのほかは、全然いい条件だし、書類選考もないということなので、
さっそく、面接のアポをとりました。
(最近は書類選考の会社に書類を送っても面接にはたどり着けないでいました。
やはり、年齢なんすかね?)

都心にある、その会社は比較的きれいなビルの中にあり
エレベーターを使って中に入ると、清潔感のあるフロアの壁には
銀色に光り輝く会社のロゴが飾ってあり、それがまた緊張感を誘います。

内線をとり、面接のアポイントをとったことを伝えると、
現れた面接官の方は、オフィスカジュアルのおしゃれな50才代くらいの方。
スーツの面接官ではないことに、少し緊張感はおさまりました。

さぁ、面接!
会社説明を聞くと取引先は大手が多いみたい、
しかし、仕事内容はそれほど難しくはないかなぁという印象でした。
持ってきた自分の作品を見せると、
「そうそう!こういう感じのことをするんだよ」と言われました。
これは、好感触☆。

しかし、面接官の方の口から思わぬ言葉が
「今回の募集は準社員の募集でね」
・・・?
へっそんなこと求人表には書いてなかったじゃん!!
「でも、それから実績しだいで社員になっていくんだよ、今年も二人くらいなったかなぁ?」

ああ、なるほど!

けれど実績しだいってことは、仕事がイマイチだったら社員になれないってことだろ?
ずっと準社員とかきつくねぇ〜?
イヤイヤッ!強気でいけ!
けれど、不況になったら切られるのは、やはり準社員からの訳で・・・。
でも、時給850円のバイトしてるよりは、それなりの給料で社員の可能性のあるほうが
どう考えてもいいだろぉ・・・。

いろんな考えがよぎりましたよ。

で、そのあと「自己PRをしてください」といわれて、
したのですが、
これが、すげーシドロモドロで失敗してしまいましたよ

まぁ、それ以外はうまくいったので、
どう評価されたかぁ?

でも・・・。

ああ!

もう!!

いいじゃん準社員でも!
贅沢いうな!
俺!!

posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
重い!

昨日、今日と体が凄く疲れていて重いです。
こんどこそ受かると思っていただけに、
落ちてしまうと、やっぱショックだったんだろうなぁ。

頭では前向きになろうとしてるけど、
体はやっぱ正直です。

今日もなんとか、がんばったけど
明日はバイト二つとも休みたいなぁ、

まぁ、そんなわけには行かないのだけれども・・・。

世の中も、人生も、就活も、自分の体も
思い通りには、なかなか行かないものですね。

posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 02:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-
面接24社目

久しぶりに面接に行ってきました。
給料は今の時代の初任給としては普通、
社会保障・退職金アリ、ボーナスあり、
隔週土曜休みで残業もあまり多くはないということ、
自分的には条件は、悪くない感じです。

で、会社は小さなビルの中にあり、
入るといかにも町工場っという感じ、
事務机に鉄の塊のような機械、タイル張りの床にストーブ、
しかし、その中でキラリと光る事務机の上の最新型のMAC。
自分は昔、実家が小さな町工場だったので凄く親しみを感じました。

面接は、
応接間というものは、とくに会社にはないみたいで、
会社に入るなりイキナリ始まりました。

社長さんは、僕の家と会社の距離が近いということが、
好印象の様子。

しかし、面接を進めていくうちに気になる言葉が・・・、
「うちも、社員は10人ほどいたんだけどねぇ〜、
仕事が少なくなって3人にまで減らしたんだよ、
今日も出勤日だったんだけど、仕事ないから休みにしたんだよ」

・・・?

えっ〜〜〜〜!

それで、なんで社員とるんだぁ?

ん〜〜〜〜?

減らしすぎたから増やすとか?

それとも、年をいった人を減らして、
浮いた分、若い人材をいれて育成してこうというつもりか?

「昔は、一つの仕事に一人ついていたんだけど、
今は、仕事がないから一人が何個も仕事を掛け持ちして
仕事をしようってことにしたんだ」
と言っていたので多分、後者の考えだとは思うけど。

まぁ、あいかわらず厳しい世の中です。

しかし、結局この会社さんには受かりませんでした。
感触はあったんだけどなぁ、 
まぁ、次です!
最近は、とにかく成長しつづければ、
必ず道が開けるはずと思えるようになりました。

世の中が間違っていると思えば、もちろん批判することは大切。
言っていかなければ、なにも変わらないんですから、
「会社や世の中に洗脳されて、あきらめている人間なんて最低だ!」って思う。

でも、自分が成長しつづけるのは、もっと大事なこと。
とにかく少しでも、人より遅いとか、今からじゃ無理だとかは、
思わずに成長しつづけることを意識すればなんとかなるのさっ♪

と思って、次も面接がんばります。

posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(1) |-
中国がGDP世界2位になったらしい

ひぇ〜今年の花粉の量は、なんと去年の8.5倍なんですってよ!
怖い怖い。
いまから、やれる対策ってあんのかな?

さて、中国のGDPが日本を抜き世界第2位になったそうで、
テレビのニュースを見ていると
街頭インタビューで、さまざまな人が
「本当!?凄いねぇ〜」とか
「悔しいです!!」なんてことを言っていました。
でも、これは大半の日本国民がわかっているだろうけど、
マスコミが望む答えをピックアップしただけで、
ほとんどの人達の声は

「だから?」

って〜のが大半だと思う。

だって、もし日本の景気が良くなったとしても
死ぬほど働かせれて、ボロボロになって
「私の人生なんだったんだ?」って思うのがオチだもんね。

もう多くの日本人はそれに気づいているわけで、
そういう意味では、日本は中国のずっと先にいる国だと思います。

頼りない大臣だけども「社会保障を厚く」と、
いうことを国のトップが言うようになったのがいい例。

さらに、
最近は政府よりもマスコミの責任を問う声も
大きくなったような気がします。

そりゃ、マスコミ業界の不条理な業務形態は有名ですもんね、
そんなところが、国民のあり方について報道してるんだもん、
良くなるわけがないわけで、そうなるとインターネットというのは、
すごく重要なアイテムなわけだ。

とにかく、中国の人に先輩としていうなら
「GDPがよくなっても国のあり方や場合によっては、
国民性を変えないと意味がないよ」ってこと。

posted by: ゴルゴンゾーラ | やっとやめれた就活日記 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-