Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
グランジ・オルタナティブロックを追ってみたら・・・その2
 つぎは1984年にタイムスリップです!

この年のメインストリームの名盤といったらなんといっても
ヴァンヘイレンの「1984」

長髪を振り乱しセクシーな顔立ちでバクテンなど派手なパフォーマンスをしながら
ステージではしゃぎまくるデイブリーロス。
愛くるしい笑顔を振りまきながら
当時、話題だったライトニング奏法などのテクニカルなギターで女性ファンだけでなく
多くのギターキッズを魅了したエディーヴァンヘイレン。
それまでの技巧派バンドとMTVが合わさった様なバンドです。
演奏も非常にパワフルですね!

また、彼らのライブはとてもエンターテイメント性にあふれたもので
宙をまったりサーフボードに乗って空を飛んだり
まさに、視覚でも楽しめるハードロックバンドでした。

んでもってもう一丁!

Duran Duran 「The Reflex」
これはもうロックというより、アイドルですねw
イギリスのバンドだし。

しかし彼らはMTVの火付け役といわれている重要なバンドなので紹介します。
アイドルっぽいといっても日本と違ってちゃんと自分らが結成したバンドなんですよ♪
ステージから流れてくるアニメの洪水は当時では画期的な映像だったんでしょうね。

さらにドスン!


YES「Owner Of A Lonely Heart 」
JournyやTOTOの流れの影響がまだあったのでしょうか?
1968年結成の美しい曲をつくる実力派ベテランプログレッシィブバンドです。
こういうバンドがチャートが1位を獲得したのはこれが最後ではないでしょうか?

麻薬中毒の男を扱った
映画のようなドラマチックでサイコなビデオですが
ベテランバンドなのでルックスのせいでしょうか?
本人達はほとんど出演していませんw。

他に売れていた他のアーティストはというと
Prince 、Paul McCartney & Michael Jackson 、Culture Club 、Cyndi Lauper
など、ぞくぞくとMTVの時代らしい面々がずらっと並んでいます。
また、この年はあのボンジョビのデビューした年でもありました。

こうしてアメリカの音楽シーンは巨大エンターテイメントへと成長していったのです。


さて、変わってアンダーグラウンドはというと


まさにハードコア全盛期!
BLACK FLAGの地元カリフォルニアではハードコアのフェスまで開催されていました。

このbad brainsは黒人のハードコアバンドでレゲエなどブラックミュージックを
積極的に取り入れ、のちのミクスチャーシーンに大きな影響を与えたバンドでもあります。
ミクスチャーバンドの先駆者とも言われているレッドホットチリペッパーズがデビューしたのも
この年でした。

この西海岸のインディーズシーンを席巻した
ハードコアムーブメントは85年頃から失速
(79年頃から来ていたと言うから随分と長いムーブメントだったんですね)
Black Flagも86年にヘンリーロリンズの「バンドは辞める」の電話とともに解散してしまいました。

「86年に俺は決心した、バンドを止めるにはいい時期だ。Black Flagの周りには
何の文化も残っていなかった。振り出しに戻ったのさ」
グレッグ・ギン談

またカリフォルニアから遠く離れた
ジョージア州アセンズでは
ハードコアとは間逆のフォーク・ロックを演奏する
REMも台頭してきました。


彼らはMTVとは対極の存在であるCMJカレッジチャートで人気をはくし
83年に出したデビューアルバムではローリングストーン誌に絶賛され
セカンドアルバムからはインディーズながら常にチャートの30位以内に
入るという存在にまでなりました。
(しかし、まぁやっとプロモがでてきたとはいえ
メインストリームのバンド達とは偉い違いのビデオですわ)

また、ミネソタで活躍していたガレージロックバンドthe replacementsも
忘れてはならない存在です。


つづく
posted by: ゴルゴンゾーラ | アメリカロック史を追ってみた | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:40 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://calling-sarah.jugem.jp/trackback/306
トラックバック