Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
グランジ・オルタナティブを追ってみたら・・・その3
今回は1985年〜1988年にタイムスリップ!
この頃といったらなんと言ってもLAメタル!

と言うことで
簡単なLAメタルの解説

1980年代中期にLAを中心に活動していたバンドがやっていたヘヴィーメタルの一ジャンル。
1983年にLAで行われたヴァンヘイレン・オジーオズボーン、
デビュー間もないモトリークルーなどが出演した
ロックフェスが何十万人もの観衆を集め注目をされることとなる。
その後、Quiet RiotのCome On Feel The Noise が全米No.1ヒットとなりシーンは活性化。

音楽性はキッスの流れを組むハードロックでメロディーはわかりやすくポップなものが多い
歌詞の内容はパーティーと女の子とドラッグについてが主。

ファッションは化粧をし髪を大きく膨らませ、ピタピタのレーザーパンツを履いている。

ライブはとにかく派手で
火薬や照明をもちいた華やかなステージでで宙をまったり
ドラムセットが回転したりとエンターテイメント性が重視された。

ちなみに
LAメタルといわれているのは日本だけでアメリカではグラムメタルやヘアメタルなんて
言われているそうです。

さぁさぁ、能書きはこれくらいにして
まずはこのバンド〜〜〜〜!

RATT 1985年のヒット曲で「LAY IT DOWN 」

1983年に結成された彼らは派手なファッションと化粧
明るく開放的な音楽性はRATTN`ROLLと呼ばれモトリークルーと友に
LAメタルブームを牽引する存在でした。

作曲面で中心だったロビン・クロスビーはモトリークルーのニッキーシックスと
ルームメイト同士で二人は極貧生活も共に力を合わせて生き延びただけでなく、
ヘロインを含めたさまざまな日常生活を共にし相当な時間をセッションに費やし
お互いを高めていったのです。
ん〜〜〜まさにアメリカンドリーム!

もう一丁LAメタル!



でた〜〜〜BON JOVI!
1987年ヒットのいわずと知れた名曲「Livin' On A Prayer」です。

キャー!ジョン様〜〜〜、リッチー様〜〜〜!
日本ではじめに火がついた
この甘いマスクの中世のナイトが集まったのようなバンドは
LAメタルでも珍しくドラックもスキャンダルもない優等生バンドでした。
出身はカルフォルニアではなくニュージャージー州。

それにしてもジョンのハイトーンはなんてパワフルでカッコイイんだ!


次は1987年 全米NO1ソングからBangles「 Walk Like An Egyptian」!
僕はもちろんボーカルの子が好みです。
あのダンス流行ったのかなぁ〜〜?
このバンドは世界で最も成功した女性バンドとも言われています。

ラストもう一曲No1ソング 同じく1987年Starship「 Nothing's Gonna Stop Us Now」


あれ?私服ジャン?と思ったそこのあなたっ!
80年代のアーティストがみんなハデハデの衣装着てたわけじゃないのですよ!
このStarship は85年、86年、87年とヒット曲を連発しています。

しっかし、この曲のAメロなんか日本語の曲で似たようなのがあった気がするんだよなぁ〜〜?
知ってる人いたら教えてください。

他にもこの時代にはHuey Lewis & The News.
ジョジョの奇妙な冒険でおなじみREO Speedwagon
イギリスからの刺客、Tears For Fears
アイルランドのU2などがヒットを飛ばしていました。

「80年代なんてみんなクソだ〜〜」といっているオルタナ好きのみなさん!
U2も活躍していたのですよ!ビデオ規制掛かっててのせらんなかったけどねん♪
えっ!U2なんてクソだって!?
バッ バカ〜〜〜〜〜!

まぁ、80年代の音楽シーンがとてつもなく派手だったのは
紛れもない事実ですけどね。

posted by: ゴルゴンゾーラ | アメリカロック史を追ってみた | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:20 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://calling-sarah.jugem.jp/trackback/308
トラックバック