Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
グランジ・オルタナティブを追ってみたら・・・番外編(オルタナバンドの憂鬱2)

メジャーレーベルにいったインディーバンドは苦悩します。


どんな会社も売上をあげない社員は要りません。


しかし、それが芸術となると話はややこしくなります。

売れる音楽=いい音楽ではないし、
売るために自分の作品を変えるというのは、芸術家として許せない行為。

しかしメジャーレーベルが求めているのは売れる曲。

実際にオルタナ歌姫といわれている
フィオナ・アップルはアルバムリリースを拒否されたことがあります。
理由は「売れそうにないから」

「(ビデオのアイデアを話すと)
『いいね、それ。ぜひやろう。』って言ってくれるような奴は
全員消えてしまったんだ。
それを経理の奴に話さなくちゃいけなくなったわけ。で話すと
『お前のMTVでの競争相手は、こいつとこいつとこいつだ。
お前のこのビデオはこれだけの制作費をつぎ込んで
ちゃんと元が取れて俺のところに収益がくるんだろうな?』って言われるんだ」
Nine Inch Nails / トレント・レズナー談



さらに、マスコミの餌食にも

カート・コバーンの場合、コートニーと結婚したことでシド&ナンシーっぷりを
大衆受けするように報じられました。
特にヴァニティ・フェア誌の記事がきっかけで、
2人には親権者としての能力がないとされ、子供擁護団体と裁判で戦うハメに!

Alice In Chainsのレイン・ステイリーは普通にバンドを取材しにきた
ローリングストーン誌の記者に、なぜか彼がどれだけドラッグ中毒なのかを、
写真とともに報じられます。

そして、彼等と親しい人間しか知りえない情報も平気で流れるしまつ。

俺たちはモノとして扱われてるんだと気づいた
Pearl Jam / エディ・ヴェダー談

また、
こうしたマスコミが作り上げた人物像と現実の自分とのギャップに苛立ち、
大衆からの過剰な期待にプレッシャーを受けてしまいます。

「この曲で重要と言えるんだろうか?
俺はロックを救わなくちゃならないんだぜ。
なのに、ああ、もう!
そんなの創作意欲をそそらない。」
Nine Inch Nails / トレント・レズナー談

さらにさらにブームになるにつれて
落ちこぼれでも負け犬でもないロックとは無縁な優等生や、
世の中に何の不満もない、流行を追いかけているだけの
アホどもも騒いでしまう。

「3,000人を前にすれば、オルタナティヴに入れ込んでいる
3,000人のために演奏することになる。
ところが30,000人を前にすると、オルタナティヴが好きな3,000人と、
オルタナティヴをテレビ番組でも見るように眺める
27,000人のために演奏することになるんだ。
それに気づいたときは、かなり愕然としたよ」
ビリーコーガン談


このようなことが
今までインディーで好き勝手に
音楽を楽しんでいたバンド達に降りかかってきたのです。

特にデビューアルバムで頂点に立つという急激な成功をおさめ
ヒーローに祭り上げられていた。
あのバンドのフロントマンには耐えられないものでした。

それが、生んだのがご存知のあの悲劇と言われています。


Nivermind正式発売日の1週間前に行われた
インストア・イベントのとき
予想以上に集まったファンを見て彼は言いました。

「なんてこった!」


「このことを境に、おかしなことが起こり始めた。
俺たちは以前のようなバンドではなくなっていた。
カートは閉じこもるようになったし・・・
事態は俺たちの予想をはるかに上回っていたんだよ。」
Nirvana / クリス・ノヴォゼリック談


「カートのことは直接知らなかったんだ。でも
間接的にカートを見ているだけで、
あの辛さはひしひしと伝わってきたよ。
パンク・ロック・ギルトのことは十分理解できたし、
ニルヴァーナのお陰で
俺はそれを打破することができたんだ。」
Queens Of The Stone Age / ジョッシュ・オム談




posted by: ゴルゴンゾーラ | アメリカロック史を追ってみた | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:23 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://calling-sarah.jugem.jp/trackback/322
トラックバック