Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
グランジ・オルタナティブを追ってみたら・・・その11
 1996〜1998年のロックシーン

カートコバーンが死んだあとも
オルタナティブの快進撃は続きます。


Rage Against the Machine
Bulls On Parade 1996年「Evil Empire」収録

説明不要の社会派ミクスチャーバンド!
 
Rage Against the Machine

ギターのトムモレノの父親は、
かつてケニアでイギリスからの独立戦争に参加していた筋金入りの闘士。
 
メンバーの思想的もマルコムX、チェ・ゲバラ、
マーチン・ルーサー・キング・ジュニアなどから
強い影響を受けていることから、
歌詞の多くは急進的左翼思想に裏付けられた政治メッセージが表されており、
またムミア・アブ・ジャマールの釈放を求めるなどの政治活動も積極的に行っていました。
 
まぁ、こんなんなんでFBIのブラックリストに入れられたりと
なにかと危険なバンドとして知られていました。
 
こんなバンドが売れるのもオルタナティブムーブメントならではの現象ですね。
 

TOOLーÆnima 1996発売「Ænima 」収録
実力派集団!
不思議人間Maynard James Keenan がボーカルとして在籍しているTOOL。
プログレ・ハードコア・ヘビーメタルが融合した唯一無二の音楽。

ギターのAdam Jonesはなんと!
TOOLのプロモーションビデオ、アルバムジャケットの
全てを手がけており「TOOLの音楽はアダムの映像世界のサウンドトラック」とも言われています。

俺はとにかく
浦沢直樹の「MONSTAR」読みながら、このアルバム聞くのが大好きなのよ!

他にもAlanis Morissetteが
1996年デビューしています。

とまぁ、ここまではオルタナティブらしいバンドを紹介したのですが、
こうやってオルタナティブバンドが売れてくるとレコード会社も
金脈とばかりその手のバンドを探し出します。

そうすると似たようなばかりでてくる。
で、ブームに便乗しようとして音だけ真似して
大した実力のないバンドまでが売れはじめます。

その代表格バンドがこのBush〜〜〜!
 
Bush - little things ロック至上もっともキャッチーなリフ!
パンキッシュなのに入り混じった動から静への緩急のつけ方が絶妙で思わず踊りたくなる!

この曲って!
 

オーマイガー!!
こりゃー完全にあの曲のパクリじゃないか==!
 
ボーカルのギャヴィンは堂々とニルバーナ好きを公言しています。
(なんだか、モトリークルーに影響を受けたっていう昔のB`zとダブりますな)

フロントマンが色男でライヴ会場では7割を占める10代の女の子。
上半身裸のセクシーな写真が雑誌の表紙を飾るなどアイドル的な売れ方。
 
Nirvanaのデイヴ・グロールは不快感を示すためかBU$Hというシャツを
着るという行動に出たほどでした。

1996年に発売された"Rezorblade Suitcase"では、全米1位を獲得しています。
 
ちなみにギャヴィンの奥さんはNO DOUTのグエンステファニー
(彼女コートニーっぽくも見えなくもないなぁ)

ほかにもオーストラリア出身のシルバーチェアーなど
美形ボーカルを売りにしたバンドがでてきてしまい

もう、こうなると反商業主義を掲げ、個性を売りにしていた
オルタナティブ文化はわけのわからない方向に!
 
ただ、金がなくて着ていたネルシャツも
グランジファッションとして売り出され4万円以上もするものもでてくるほど
 
「Kマートに行けば10ドルかそこらで売っているよ 」
Pearl Jam / エディ・ヴェダー談

こうなってくると、本来のオルタナティブファンはさめていきます。

こうして本格的にグランジ・オルタナティブの牙城は
徐々に崩れていきました。

そして、さらにそれはロック自体が売れなくなってくるという状況に
なって行くことにもつながっていきました。

 
ということで、おひさしぶりのポップスpv

Wannabe- Spice Girls 1997年のヒット曲



ホントはPVにしたかったんですけど、規制が厳しくて・・・。
でも、オルタナはあんまり日本では流行らなかったので
1996〜1998年が
この曲が流行っていた時代、っていったらわかりやすいでしょ?

なんだか、子供がかわいらしいですね。

つづく
posted by: ゴルゴンゾーラ | アメリカロック史を追ってみた | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:10 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://calling-sarah.jugem.jp/trackback/324
トラックバック