Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
グランジ・オルタナティブを追っていたら・・・その13

2000年〜2005年のロックシーンは?

エンターテイメント性をロックに取り戻し
一斉を風靡したニューメタル・ラップメタルでしたが
残念ながら長くは続きませんでした。

あまりに急速に世界的に広まってしまったため
80年代のLAメタルのように
似たようなバンドが多発し衰退していったのです。

その後
クリード・ニッケルバック・3ドアーズ・ダウン・パドルオブマッドなどの
グランジ・オルタナ第二世代と呼ばれるヘビーロックバンドが
怒涛の勢いで盛り上がりをみせます!

しかし彼らの多くはシアトル出身でも反商業主義でもなく
産業化の様相を呈し、
次第にロックシーンは当初の革新性を失っていきました。

Nickelback "How You Remind Me"2001年「Silver Side Up」収録

この曲は売れた売れた!
1995年年カナダ・バンクーバーにて結成。
9.11のショックで落ち込んでいた
アメリカ国民の耳に飛び込んできたこの「How You Remind Me」は
痛みを共に分かち合いながらポジティヴに生きていくことを訴えかける曲。
この曲でバンドは
瞬く間に全米の心を癒し、一気にスターダムにのし上がっていくこととなります。


Creed - "My Sacrifice" 2001年「Weathered」収録

1995年にフロリダ、タカラシーで結成、
日本ではあまり知られていないバンドですが、
発表した3枚のオリジナルアルバムが
すべてマルチ・プラチナムを売り上げたモンスターバンドです。

このグランジ・オルタナ第二世代バンド達はみんな丸太のように腕が太い!
リンプビズキッドなどがシティー派なら、このクリードや3ドアーズダウン(アメリカ南部出身)は
ローカル派といったところでしょうか?


The Strokes”Last Nite”2001年発売「Is This It」収録
1999年ニューヨークにて結成。
シンプルながら都会的で洗練された曲調が持ち味のガレージロックバンドです。

2000年前半
アメリカではヒップホップやR&Bなどの黒人音楽勢やヘヴィロックが、
セールスを伸ばして隆盛しているなか、
このThe StrokesやThe White Stripesのように
1960年代前半イギリスのロックに影響を受けたバンド達が
数多く現れ、この現象はガレージロック・リバイバルと言われるようになります。

1960年代のガレージロック・ムーブメントや90年代のオルタナティブムーブメントとは異なり、
リバイバルのバンドは基本的にメインストリームを視野に入れた活動がメインであるため、
セールスにも恵まれ
アメリカのみならず、イギリス・オーストラリア・スウェーデンなど全世界に広まり、
その後アークティックモンキーズやカイザーチーフスなどのフォロアーを生み出しました。



The White Stripes ”Seven Nation Army”2003年「ELEPHANT」収録

1997年ミシガン州デトロイトにて結成

サウンドはパンク・ロック、ブルース、
カントリー・ミュージックをベースにした泥臭いガレージロックが特徴。

ライブでは、サポートミュージシャンや打ち込みは一切用いず、
会場の大小に関係なくすべて演奏はジャックとメグの2人だけで演奏するというツワモノ。

当初、二人は兄弟という設定でしたがインターネット上に2人の婚姻届・離婚届が流出し
なんと元夫婦であることが発覚!
二人もこれを認めているようです。

しかしなんで兄弟なんて言っていたかは謎、
しかもバンドで演奏するときは未だに兄弟という設定で振舞っているらしいです。
(わけわからん)


つづく
posted by: ゴルゴンゾーラ | アメリカロック史を追ってみた | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:38 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://calling-sarah.jugem.jp/trackback/327
トラックバック