Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
かいじゅうたちのいるところ(ネタバレあり)

「かいじゅうたちのいるところ」を見てきました。




なんか最近、映画館に入ると表にはださないんですけど
すげーテンションあがるんですよ、

入場10分前に
「10分前になりましたので
それでは「かいじゅうたちのいるところ」見る方お入りください」的な
アナウンス流れるんですけど、
それだけで、「うぉ〜〜〜待ってました!ワクワク♪」見たいな、
なんなんでしょうね、これ?

でも悪かない気分です。

さて、肝心の映画のほうですが、
絵本の名作だそうですが、僕はまったく絵本は見たことがありません。
なのでまったく内容がわからない状態で見ました。

ストーリーはというと

空想が大好きな8歳の少年マックスは、
母と姉との3人暮らし。
しかし、近頃母も姉も自分をあまり構ってくれず、
それに怒ったマックスは母とケンカし家出。
浜辺にあった船に乗って海に出てしまった。
そうしてたどり着いたのは、見たこともないかいじゅうたちが棲む島。
はてさて、この先どんな冒険が待ち受けているのやら・・・。

てな感じです。

で実際見てみたら・・・・。


まず、冒頭5分で大号泣!

中盤で大号泣!

ラストでまた大号泣!

エンディングテーマで大号泣!

と、終始泣きっぱなしでした。

映画館で映画見てここまで泣いたのは人生初じゃないでしょうか?
(そもそも俺、泣ける!を前面に売りにしている映画はあまり見ないんすよ)

とにかく、自分の子供の頃や今の自分とも主人公の少年がかぶりまくったんですよ。

この映画のテーマは孤独の解決だと思います。

そもそも俺はIN TO THE WILDといい孤独をテーマにした映画には弱いってことが
今日ではっきりしました。

かいじゅうのキャロルが
「王さまだから僕は何でもできる」と言った少年マックスに言います。

「なんでもできるんなら、孤独はどうやって治すんだい?」

色々な策を練ってマックスはがんばります。

みんなで町を作ろうとしたり、戦争ごっこをしたり、
でもナカナカうまくいかず彼らの仲間関係は悪化。

で、結局マックスは家に帰ることになるんですけど・・・

単純に見たら少年が島で暴れまくってただでさえ悪かった
「かいじゅうたち」の仲間関係をさらに悪化させて帰っちゃっただけって感じなのですがw。


でも、本当の愛情がわかる時ってその人を失ってからわかるんだよなぁ、
すごく悲しいけど、

こういうテーマの映画って結構あると思うんですけど、
こんなにも感動させてくれた原因はいくつかあると思うんです。

一つは子役の演技(もうやばいって感情いれまくりましたよ)
二つ目はきぐるみなのにリアルかいじゅうたちの動き(これが暖かさを出したと思う。)
三つ目は音楽。(すばらしいです)
四つ目は寒いところならではのさびしげな天候。

こんなところかな?

とにかく、えっう終わり?って思ったくらい楽しめたし
(えっう終わり?なんも解決してないじゃん、と思ったら偶然だけどちゃんと解決してたみたいな、
で、しかもラストの母親とマックスもなぁ〜〜〜〜。
人ってこういうことがあって学んで成長するんですよね。
脚本もすばらいしっすよ!)

こんなに主人公に感情移入した映画はひさしぶりで楽しめました!
また、あの世界にひたりたい!

欲をいえば、夜のシーンが多く映像が見ずらいシーンが多かったので
目の悪い人には見ずらいかな?
って思いましたがね。

映画ってやっぱりいいすねぇ〜〜〜〜!






posted by: ゴルゴンゾーラ | 映画 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:17 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://calling-sarah.jugem.jp/trackback/378
トラックバック