Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
多世界解釈

最近はまっているフラッシュフォワードという海外ドラマを見ていたら

奇妙な台詞を発見しました。

よくはっきり覚えていないので、おぼろげな記憶だったけど、

たしか、こんな場面でした。


ある男が女性にいいます。

男「ぼくハーバードにいたんだよ」

女「へー、私もハーバードに行くつもりだったのよy、どこに住んでたの?」

男「大学の近くの〇〇ってアパートさ」

女「あら、私そのアパートで暮らすつもりだったのよ!」

男「なぜ、こなかったの?」

女「今のダンナがFBIに入って、それでいけなかったの」

男『ねえ、多世界解釈ってしってる?

過去に起こりえた出来事は、全て、“別の世界”では起きているって言うんだ。

つまり、過去に選ばなかった道は全て、別の世界で実現してる。

この理論に従えば、君はハーバードへ行った。

もちろん、この世界ではないが‥僕達は、出会ってるかもしれないんだよ 』



くわ〜〜〜〜〜〜!!!!!

かっこいい台詞じゃないか!

こんなこと言ってみて〜〜〜!

いや、いつか言う!いってやるぞぉ〜〜〜!!

そういえば、LOSTもこの多世界解釈で進行してるよな?

ということで、今回は多世界解釈について調べてみました。

つづく

posted by: ゴルゴンゾーラ | 調べてみた | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:15 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://calling-sarah.jugem.jp/trackback/470
トラックバック