Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『トロン:レガシー』の感想

今日、セブンイレブンにいったら
サンタの格好をさせられたバイトのおっさんを見ました。

昔は、コンビニのバイトといえば、
大学生や高校生だったかもしれないけど、
最近は、俺みたいに30すぎても
やもうえなずバイトしてるヤツもいるので、セブンイレブンの社長も考えてほしいものです。
ありゃ、あまりにも悲しすぎる・・・w。

さて、おととい『トロン:レガシー』見てきました。



あらすじは、こんな感じ

コンピューター会社「エンコム社」の取締役となった父ケヴィンの謎の失踪から20年後。
27歳に成長した息子サムは、父の経営していたゲームセンターを訪れ、
起動していた物質電子変換装置によって、
コンピューターの部世界へと送り込まれてしまうのですが、
そこは父親そっくりの姿をした独裁者クルーが君臨した暗黒の世界が広がっていたのです

感想

正直、今も感想を書こうと思っても整理がつかないんだな、
凄すぎて!

映像は全体的に近未来をイメージした
ゲームのメタリックな感じの映像が続くんですけど、
これが、なんとも不思議な世界で、
さらに、3D映像ということで自然とその世界に引き込まれていって、
いつのまにか、映画の中のコンピューターの世界が、
自分の中で凄く自然なものに思えるような錯覚に
陥ってしまいました。

冷静に見ていたつもりだったんですけど、
見終わって3Dメガネをはずし映画館の照明がついた時、
「ああ、そうだ!これが現実の世界だった」
ってくらい僕は、映像の中に入りこみました。

で、正直映像に圧倒されすぎて
話の内容をきちんと未だに整理仕切れていませんw。
(整理してから書いても良かったのですが、どうしてもはやく書きたくて)

しかし、
脚本がどうとかいうより、
アトラクションを楽しむような感覚でみても
十分楽しめる映画だと思います!

あの世界はぜひ、いろんな人に体感してもらいたいです。

posted by: ゴルゴンゾーラ | 映画 | 02:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:33 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://calling-sarah.jugem.jp/trackback/481
トラックバック