Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
笑い

最近、腹を抱えて笑うことが多いです。
いいことだ!

で、その一つがこれ、
久しぶりに見たガキの使いで見た芸人AMEMIYAさんのネタ


どんだけ冷やし中華に賭けてんだよ!

それと、もう一つ腹抱えて笑ったのが、
マキシマムザホルモンの新曲 http://www.55mth.com/

これには、笑わせていただきましたよ!
ギャグだとは、もちろんわかったんですけど、
正直、亮君のコメントのタテヨミには、友達に言われるまで気づきませんでした(汗)
(わからない人はこちらを読んでくださいhttp://b.hatena.ne.jp/articles/201102/2377

しかし、驚いたのが初めホームページでは、
冒頭の1分47秒だけ流れていて、
それに対するコメントをファンがBBSで流していたんですけど、
まぁ、もちろん、ほとんどが空気を読んだ罵声と怒号!と思いきや中には、
「こんなホルモンもいい!」とか、「すごくいい曲」とか、
中には「どんな曲でもホルモンはホルモン」などと、
「お前ら、なんでもいいんかい!」と思わず、突っ込みたくなるようなコメントが意外とあったこと。

これには驚きましたが、
やっぱり売れていくと、いわゆる「流行で聞いている人々」って人達が必ずでてくるんですね、
終焉していくグランジ・オルタナティブを語ったビリーコーガンの言葉を思い出しましたよ。
「3,000人を前にすれば、オルタナティヴに入れ込んでいる
3,000人のために演奏することになる。
ところが30,000人を前にすると、オルタナティヴが好きな3,000人と、
オルタナティヴをテレビ番組でも見るように眺める
27,000人のために演奏することになるんだ。
それに気づいたときは、かなり愕然としたよ」

こういう人達とどういう風に向き合うか?
スマパンは、急激に音楽性を変え、
パールジャムは、プロモーション活動を一切やめましたが、
ホルモンはまったく新しい手をやってのけた
(まぁ彼らの狙いがそこにあったか、まではわからないですが)
でも、これでそういう人達は、ホルモンを聞かなくなるんじゃないかな?
だって、「すごくいい!!」とか、「最高!」といった曲にゲロを吐かれたんだから(笑)
で、ついでに呆れるほど酷い最近のポップスバンド達も
今まで誰もやったことのない方法でディスったわけで、
もう、ホントさすがです。

本当の新曲は、荒々しく激しい彼らの本当のファンが待っていた曲。
ファンのための音楽ではなく、
自分らが伝えたい(吐き出したい)ことを伝える(吐き出す)ための音楽。

ただ、新曲をホームページで見るとき、
あの変な曲を飛ばして見ようとしても
飛ばせないようになっているという(笑)

色んな意味で痛快でした!



posted by: ゴルゴンゾーラ | 日々のこと | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:18 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://calling-sarah.jugem.jp/trackback/491
トラックバック